公園なのか庭園なのか

今日は佐野さんと6日に行うツアーの打ち合わせのために、公園内を再び歩いてみた。

ここは紅櫻「公園」という名前だけど、石や池を配した庭園でもある。公園は訪れる人が、主体的に何かをできるオープンな場所で、ピクニックをしたり、フリスビーをしたり、歌ったり訪れた人が勝手に好きな事ができる場所で、庭園は場所自体が整えられてそれをを鑑賞するようにできている。そう考えるとこの展示に参加するにあたり私が初めに、自分の作品を展示しにくいと思ったのは、庭園として捉え、すでに出来上がっている景観に私の表現を入り込ませる余地があまり無いと感じたからだ。

公園なのか庭園なのか。


© 2020 Fuyuka Shindo