どんな場所

札幌市の南区にある紅櫻公園は私設の公園で、2018年からアートアニュアルが開催されている。


今年のアートアニュアルに参加することになり、制作に向けて公園に何度か足を運び歩き回っている。この場所に入植した人々が建てた神社、大きな庭石や池、灯篭がある庭園、結婚式場として使われていたホール、ジンギスカンを食べられる宴会場、日本家屋風の蕎麦屋と茶室、以前のオーナーの立派な家、新しくできた蒸溜所、キャンプサイト…。歩き回るだけで、施設の変遷や過ぎて行った時代が偲ばれる。また春は桜、秋は紅葉の名所で、今の季節は緑が青々として気持ちが良い。カメラをたずさえ野鳥の撮影をしている人もいる。

現状、公園には現代的な感じと、昔の感じが混在している。どうしてこのようになっているのだろう。園内うろうろしながら観察していく。


紅櫻公園、公式ホームページ


© 2020 Fuyuka Shindo